タイヤ交換で安全運転|持ち込み交換で好みのタイヤを

ミニカー

最新記事一覧

持っていく場所

車内

タイヤ交換の際に依頼する場所にはディーラーやガソリンスタンドなど様々な場所があります。場所によってメリットは異なり、タイヤの持ち込みができない場合もありますので注意しましょう。

読んでみよう

ホイールのセッティング

カギ

タイヤ交換の際に、ホイールも交換するかどうかを決めることになります。基本的にホイールは頑丈なので交換する必要はほぼないのですが車の運転性に大きく影響するので持ち込みの際にセッティングを変えるのであれば交換しましょう。

読んでみよう

安全に走るために

ハンドル

タイヤは消耗品です。どんなに良いタイヤを使っていても使い続けていくうちにゴムはすり減っていてしまいます。擦りってしまったタイヤは雨の日にスリップしやすくなり、大変危険とされています。また、溝の深さが1.6mm以下になってしまった場合、道交法違反になってしまうのでタイヤ交換を行わなければならなくなってしまいます。基本的にタイヤにはスリップサインがついているため、ある程度まですり減るとこのスリップサインが表示されます。このスリップサインが一箇所でも表示されたら迅速にタイヤ交換を行いましょう。
タイヤ交換は、業者に依頼をすれば行うことができます。また、タイヤ交換の時間は極めて短いため、他に先客がいなかった場合30分程度で作業が完了するほどの簡単なものです。よって、大急ぎではないのであれば、業者はできるだけ安いところを選んで依頼したほうが安上がりです。またタイヤにこだわりがあるのならばタイヤは持ち込みをすることができます。そして、交換の際に持ち込みタイヤを提出し、このタイヤに交換してくれるように依頼をすれば、タイヤ交換時にタイヤを購入する必要はなくなります。
タイヤ交換を行うときの業者は、ガソリンスタンドやディーラー、修理工場など様々な場所があり、どこに持っていくかでそのメリットも変わります。よって、できるだけ安くしたいのであれば、ネットで検索して比較し、それぞれのメリットと相場をチェックしておきましょう。

持ち込んだ場合

微笑む女性

タイヤの持ち込みを行った場合と行わなかった場合、タイヤ交換の費用は若干変動します。その理由は、タイヤの持ち込みを行うことでタイヤ交換の工賃が割引されないからです。

読んでみよう